ホームページ制作 大阪中小企業・個人事業のWEB制作

Bourgeonnerweb design & more

お客様に役立つページを検索エンジンに見つけてもらうには。

ホームページやブログの内容はお客様目線で!とこのブログでも書いてきました。

しかしいくらお客様に役立つ記事を書いても、検索エンジンに見つけてもらわないと、お客様にも見つけてもらえないということになるので、お客様とって役立つ記事を書いたら、今度はその記事を検索エンジンに見つけてもらえるように調整していかなければなりません。

検索エンジンはずいぶん進化していると言われていますが、どこでその記事を判定しているかというとやはりそのページ内のキーワードの出現率というのは関係あるようです。平たくいうとどれだけキーワードがそのページに含まれているかですね。

普通、私たちが文章を読み書きするとき、同じ言葉を何度も使うのは避けるのではないでしょうか。例えば、このページはホームページのことについて書いていますが、何度もホームページ、ホームページと出てくると目障りで鬱陶しく読みづらい文章になります。
日本語として洗練された文章を書こうと思うと尚更しつこくキーワードを使うことは避けますよね。

けれどロボットは何について書かれているかをキーワードの出現率や位置で判断していると言われており、ある程度キーワードの繰り返しは必要。

しかし度が過ぎてあまりにもキーワードが不自然に多いと今度はスパム行為と見做されてペナルティを課され順位を大幅に下がってしまうという憂き目を見ることになってしまいます。

どの程度が良いかというと、5〜6%の出現率が良いと言われることが多いです。
しかし文章全てを単語に分けて、その中で5〜6%となるようにカウントしながら記事を書くというとちょっと大変な作業ですよね。

経験上、少しくどいだろうか?どうだろうか?という程度が良いのではないかと思います。

タイトル程度にしかキーワードを入れていない方は、本文も少し足してみる。
逆に本文に入れ過ぎている方は省いてみる。

一度書いたページや記事もぜひ編集してみてください。

【検索順位でお困りのお客様へ】

思うように順位が上がらない場合など、お気軽にご相談ください。ちょっとのことで順位やアクセスが改善されることもあります。

現在ホームページ制作を進めさせていただいているお客様。
原稿を拝見していて、なんだかとてもいいなぁ〜と思っています。

オーソドックスに自己紹介とご自身にできることを案内されていて、原稿を読んでいてとても落ち着きます。悪く言えば自己主張が弱めかもしれません。キャッチーなキャッチはなく、本当に普通なんです。

でもこの普通がなんだかとても心地良い。孤独のグルメで松重さんがにんまりしそうな心地の良さとでも言いましょうか。

そしてその方の原稿を読んでいてハッと気づいたのが…

違和感なく自然に、検索対策するキーワードが文章の中に良い塩梅で盛り込まれているということ!!

自然にキーワードが入った文章を書いてくださる方、少ないんですよ。「もっとキーワード入れてみて!」とお伝えしても足りないことが多いくらいで。まだまだホームページ制作中ですから、検索順位がどうなるか分かりませんがとても楽しみでもあります。

ホームページの原稿を考える時、ついついお客様の気を引こう、格好良く書こうと気負ってしまいがちですが、まずは普通に、あなたの自己紹介とできることをごくごく普通にシンプルに、書いてみませんか?

ホームページの集客において最も大切なものはコンテンツ=中身です。

ホームページ集客というと真っ先に浮かぶのはSEOですが、このSEOの土台になるものこそコンテンツ。SEOでホームページを検索上位に表示させるためにも入念なコンテンツ作りは欠かせません。

それはなぜか?

Googleはユーザーの検索に対してユーザーが満足する情報(ホームページ)を提示するためにどんどん改善されています。SEOというとGoogleのことばかり考えてしまいがちですが、そのGoogleが見ているのはGoogleを使うユーザーですから、Googleと同じ方向=ユーザーを見てコンテンツを考えることがホームページ集客の第一歩となります。

ホームページのプロに頼めば、任せておけば自分は何もしなくても売れるホームページにしてくれる、、、とお考えの方も多いのですが、ホームページのプロであってもお客様のサービスや商品については無知な素人。たとえコンテンツの作成もお任せになる場合でも、二人三脚で協力して作り上げる心づもりは重要です。

コンテンツ作りは骨の折れる作業ではありますが、ご自身のサービスと深く向き合うことで新たな可能性や強みに気づけたり、改善すべき課題が見つかったり、組織であればチームのやる気を引き出すなど、SEOにとどまらず事業を強靭なものにしてくれますし、ホームページ運営続ける限り資産となって集客に効果を発揮します。

売り上げを上げたければ、サービスの説明やブログはお客様を主役に考えましょう。
自分目線で、このメニューはこんなに凄いっていくら訴えても響きません。そのメニュー名をいくら連呼したってそのメニュー名をお客様が知らなければ意味はありません。

そのメニューを求めているであろう方はどんな言葉を使って検索するのか、どんなことに困っているのか、何を改善したがっているのか、とにかくお客様の立場に立って1から練ってみてください。

例えばコンサルティング、カウンセリング、コーチングというようなメニューであれば、どんな課題や悩みにおすすめなのか、そのメニューとマッチするであろうクライエントさんはどんな言葉を検索するのか、その人の立場に立った内容を考えるようにしてください。

一口にカウンセリングやコンサルと言っても、それを求めている方は十人十色ですよね。
夫婦関係や子育てに悩んでいる方、仕事で壁にぶつかっている方、、それぞれ検索ワードは違うはずです。仕事でも社会人になりたてなのか、中堅なのか、独立を考えているのかで興味も検索するワードも違うはずです。

自分が力になれる方、それぞれに向けた案内、1つのワード(テーマ)に対して1ページづつ、丁寧な記事を書いていくことが大切です。

ブログを書いているのに効果が出ないーーーという方は、自分の記事が誰目線の記事になっているのか、立ち止まって考えてみましょう。

【雑談】

ブログでは伝えたいことがたくさん、本当に山盛りあるんですが、いつも偉そうに言ってる私自身なかなかしっかりした記事を書く時間が取れずにいます。私自身の集客というよりは、これまでご依頼いただいた方向けに色々伝えたいんですが、、、YouTubeにチャレンジしてみようかしら!

一時期ほどではないものの、ホームページ制作のご依頼が混み合う状況が続いております。
年内の公開をご希望の方はお早めにご相談ください。

ホームページの規模や内容にもよりますが、今月17日以降のご依頼については年内の完成は難しくなるのではないかと思われます。
*出来上がったところから順次公開という形で差し支えなければ、そのように対応させていただきます。

ご相談・お問い合わせ