ホームページ制作|大阪

少し前から気になっているものがありまして、、

それは店頭のPOPです!

菓子店やパン屋さん、土産店、ドラッグストアはもちろん、
最近は文具店や書店でもPOPを見かけることが増えて
ついつい手に取ってしまいます。

手作りのゆるい感じがいいですよねー。

で、このPOPをホームページに取り入れると面白いんじゃないかなーと思うんですよね。
例えばブログにオススメ情報をアップする時に
手書きPOPをスキャンして載せてみるのはどうでしょう。
*最近はペンを使って直に描けるタブレットもありますね。

絵心がない、字に自信がない、、という方も少なくないと思いますが
ヘタっぴなところが味になってて「なんかいいなぁ」と感じた経験はみなさんお持ちじゃないでしょうか??
POPって体温を感じるので、本当にいいな〜と思います。
楽しいホームページ運営ができると思うんですよ。

POPを書かない場合でも、POP作りの視点はホームページに役立ちます。

例えば鮮魚店で珍しい魚を見つけても、どんな料理にできるか分からないと手に取りにくいですよね。
でも「塩焼きで!ムニエルにもおすすめ!」「冷めても美味しいからお弁当にも!」
など、ちょっとした一言があると、格段に手に取りやすくなるんじゃないでしょうか?

「ムニエルは好みじゃないだと?オイラを食べてから言ってもらおう!」
「ああ〜、ご飯をおかわりしてしまいました・・・(ダイエット中スタッフM)」とか
なーんて、キャラを立たせても面白いですよね。

POPのキャッチって、記事のタイトルにそのまま使えます。
わざわざPOPを書かないまでも、
「この商品・サービスのPOPを作るなら、どんなキャッチをつけようかなぁ!」と
一つ視点を加えてみると、ホームページも盛り上がるんじゃないでしょうか。

以前会社案内サイトを作らせていただいた方から、ブラッシュアップを図りたいとご相談をいただきました。

BtoBの企業向けサイトなんですが、昨年スマホ対応にしてから閲覧数も伸びて
業界でのシェアも順調に伸びているので、
今の会社案内パンフレット的なサイトをしっかり充実させて
ブランディング・マーケティング力を上げたいというご相談でした。

この会社のライバルは某通信会社のグループ企業等、大手資本の会社が多いんですね。
その中でもサービス内容で検索順位1位を獲得することができていて、
ホームページからの問い合わせも増えているそう。

まず、上述のとおりスマホ対応にして閲覧数が伸びたというポイントもありますが
比較的更新を丁寧にされておられることが有利に働いているように思います。

ブログはしていないのですが、機会があれば自社サービスの案内を図面にしてアップするなど、
『ライバル会社よりも主要事業の説明が丁寧』これが1番大きな要因ではないかと思います。

サービス内容を丁寧にすればするだけ、ライバル社に盗まれる心配もあり
バランスの取り方が難しい、、というジレンマもある一方、

*ホームページで丁寧に内容を説明しておくことで、商談がまとまりやすくなった
*大手資本の中でも着実にシェアを伸ばすことが出来てきて、実績が増えてきた

ということでした。

ワードプレスを入れているにも関わらず、記事もちゃんとアップしているにも関わらず
いまいちホームページの効果が見えにくい、、という方は

*自分のサービスを分かりやすく伝える

という点を1番に考えてみてください。