ホームページ制作 大阪中小企業・個人事業のWEB制作

Bourgeonnerweb design & more

トップページは最初に作らなくても構わない

ホームページの内容を考える時、どのページから考え始めますか?
トップページから考えるという方が多いのではないでしょうか?
ところがいざ文を書こうと思っても進まない、書きたいことは色々あるはずなのにまとまらない、そもそも何を書けばいいのかはっきりしないということはありませんか?

思い切ってトップページは後回しにしてください。

具体的に商品やサービスを紹介する階層ページから考えてみましょう。書いているうちにトップページに掲載するのに相応しいキャッチや導入の文章が浮かんだり、まとまってくることがよくあります。
文章に限らず、階層ページの内容を具体的にすることによってホームページ全体のイメージや使用したい写真も浮かんできます。

トップページのファイル名は一般的にはindexファイルといいます。
index=索引、見出しなんです。見出しって中身あってこそのものですよね。

トップページはサイトの顔ですから、最も重要ということで最初に考えがちなんですが、中身あってこそのトップページです。
中身のコンテンツをこしらえてから最後にまとめてトップページにする、そういう流れでの制作もおすすめです。

春に向けてホームページのご依頼、ご相談が増えてきております。
オープン時期にご希望がある方はお早めにご相談ください。
規模や内容にもよりますが、3〜4月オープンのホームページはそろそろご準備を!

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
本日より営業しております。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

年末年始は色々とテレビを見ていたのですが、たいていの番組に共通して感じたのは「普通のことを普通にやってくれ」でした。
紅白は色々趣向を凝らしてはいたようですが、説教臭いし、2曲歌う組がある一方フルコーラス歌えず1番だけで終わる方がいて、いまいちだったと思います。

気分を変えて年始の番組。漫才番組を追いかけるように見ていたんですが、持ち時間が短いのか、これから山場かな?というところで「ありがとうございました」とネタを終える組が目立っていて、尻切れとんぼのような漫才が気になりました。その番組もメインの漫才以外のコーナーに時間を取っているんですよね、、、

「普通のことを普通にやってくれ」
そりゃテレ東の番組に流れていくわ、、、余計なわちゃわちゃありませんもんね。

 

さて、ホームページです。
ホームページを作ろう、リニューアルしようと思った時、あんな風にしたい、こんな風にしたいと趣向に目が向く方は多いと思います。もちろん大切なことです。目を引くデザイン、気持ちいい動きのUI、どれも大切な要素です。SEOも忘れてはいけません。

でもそのベースにあるのは、1番大切なものは「コンテンツ」=内容です。
いくらカッコ良いホームページが出来たって、コンテンツが尻切れとんぼでは売上には繋がりません。検索順位だって上がりません。

普通のことを普通に=コンテンツを充実させる

お金をかけてなんか凄いことやってるけど面白くない、不完全燃焼、、、
そんな番組を反面教師に、地道にやっていきましょう。

ご相談・お問い合わせ