ホームページ制作|大阪

ホームページの記事を書く際「ユーザーの問題を解決する」という視点で練ってみてください。
そうすると、1つの商品やサービスから幾つもの記事が生まれます。

みなさんそれぞれに色んな技術や知識、経験をお持ちです。
通常はそれらを紹介するという視点で書きがちなんですが、
もう1歩踏み込んで

「それらがユーザーのどんな問題をどんなふうに解決するの?」

という視点で考えてみます。

ご自身がネットユーザーとして検索する時のことを思い起こすと
その時の問題(悩みだったり、願望)を入れること、多いんじゃないでしょうか?

例えば、私はどーしても英語が、特に発音が苦手なんですが、何かの必要に迫られて英語を話す必要に駆られたとします。

*英語 マスター 発音苦手
*英会話 発音苦手
*英語 発音出来ない ビジネス

こんな感じで検索すると思います。
また、日常会話は問題ないけど、駐在員として赴任することになったのでレベルを上げたいという方もいるでしょう。
そんな方だと

*駐在 英語 レベルアップ
*英語 商談 契約

こんなふうに入れるキーワードが変わります。
他にもTOEICやTOEFLのスコア、英検、いろいろありますよね。
なりたい職業から、英語教室を探す人もいるでしょう。
同じレッスンを受けに来る方でも目的が違います。

☆また、アロマテラピーに関するニーズも様々ではないでしょうか?
少し前にテレビで認知症予防に効くアロマというのが紹介されていて
アロマテラピーとは全く無縁だった母が「ラベンダーのオイル買ってきてよ」なんて言うようになりました。

私自身がアロマテラピーについて検索する時は
美肌とか引き締めとか、リラックスとかストレスというようなニーズですが
人によっては「認知症予防」と違う角度からのニーズとなるわけです。

☆ヘアサロンでのカラーリングなら
添加物の少ない地肌に優しいものを探してる人、
野沢直子さんみたいな(昨日しくじり先生見たもんでw)鮮やかなカラーにしたい人、色々ですよね。

☆占星術のニーズもその人によって
相性、仕事運、愛情運、家庭運、金運、健康運などなど様々ですよね!

☆リフォームなら、収納を増やしたい、バリアフリーにしたい、耐震化したい等々
やはり様々なニーズがあります。

☆ヨガスタジオなら、本格的で運動量の高いものを探してる人、
体が硬いことを気にしてる人、健康のため、痩せるため、内面の平穏、リハビリの一環、
スポーツのために体幹を鍛えたい等々、、、

ある1つの商品やサービス、メニューの紹介でも、
角度を変えて見てみると、角度の数だけ記事を増やせるということです。

1つのメニューについて1ページ作ればそれで良しと思ってしまうものですが、
ユーザーの問題を改善するという視点で考えると、豊富なコンテンツが生まれます。

そして、そうやって作ったコンテンツは『資産』となるんですよ!
もちろんSEOにも効果的です。

同じ話を繰り返し発信すると説得力が増すそうです。

ん?ちょっと待ってください。
同じ話ばっかり聞かされるとうんざりしそうですよね。
「この話何回目よ〜〜〜」と辟易とした経験、皆さんもありますよね。

でもある社会心理学者の実験で、同じ内容を一度だけ伝えた時に比べて、
3回繰り返すことで46%、10回繰り返すと82%も説得力が増したという結果が出たそうです。

一方で、違う実験では「繰り返す」ことについて、致命的な失敗も明らかになったそう。
それは・・・

【 同 じ 言 葉 を 3 回 以 上 使 う こ と 】

同じ言葉が何度も繰り返されると、読み手は飽きてしまうんだそうです。

ではどうすれば、飽きさせずに同じ話を発信して説得力をあげればいいのか。

言い換えたり、類語でバリエーションを作るのです。

1)ホームページからの集客だけで10年以上生計を立てているWEBデザイナーが
  ホームページの集客術を教えます。
  ほんの少しの工夫でホームページの集客力はアップします!
  はじめは少なかったアクセスも、運営を工夫することで集客できるようになりました。

2)ホームページからの集客だけで10年以上生計を立てているWEBデザイナーが
  あなたのサイトに人を集める秘訣をお届けします。
  ほんの少しの工夫で魅力が伝わるサイトに生まれ変わるんです!
  はじめは少なかったアクセスも、努力を重ねることで多くの方に読んでもらえるようになりました。

上記(1)も(2)も、内容は同じですが、
(2)の方は「集客」という言葉を

   a.人を集める
   b.魅力が伝わる
   c.多くの方に読んでもらえる

というように言葉を変えてみました。
明らかに(2)の方が「この人に相談してみよう」と思える文章になっていると思いますが如何ですか?

『言い換えたり、類語でバリエーションを作る』
文章を作る際は是非これを意識してみてください。
普段から類語探しをしてメモに書き留めておくのもオススメですよーーー。