ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

ちょっとのことで右肩上がりの申し込み

ユーザーの利便性が上がるとホームページの効果となって現れてきます

先日、とあるお客様から問い合わせフォームのバージョンアップのご依頼を受けました。

一口に問い合わせと言っても、目的は様々ですよね。

例えば、エステサロンを例に取ると

・通常のサロンのお客様
・教室、スクールの受講希望者 等々

けれど、1枚の問い合わせフォームでは
お客様向けの項目、受講希望者向けの項目が混ざってしまうため
いざ問い合わせする気になっても、フォームで離脱してしまう、、、ということは案外少なくありません。

今回、せっかく問い合わせしてくれる人が少しでも「楽に」入力してくれるように、
目的に合わせてフォームの表示を変えるようにしたいというご要望をいただき、
それまでの問い合わせフォームに少しプログラムを足してみました。

通常のお客様向けにはお客様向けの質問項目が、
受講希望者には受講希望者向けの質問項目が表示される形です。

先週くらいに整備したばかりなんですが、整備後は一段と申し込みが増えているとのこと。

問い合わせフォームのアクセスはあるのに
いまいち問い合わせに結びついていない・・・という方など、試してみる価値は大きいです。

問い合わせフォーム以外にも、ちょっとしたことでユーザーの利便性が上がると
ホームページの効果となって現れてきます!

Category

Recent Post

Category