ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

検索情報をもっと知る – Search Consoleを始めよう

2015-11-03

アクセス解析を設置すると、サイトに訪れたユーザーがどういう行動をしたのかを見ることが出来ます。

これまではどんなキーワードでサイトに訪れたのかということもアクセス解析で確認することが出来たのですが、プライバシー保護の観点から、Googleやヤフーでは検索キーワードが暗号化されるようになり、キーワードの確認が難しくなりました。

これはサイトオーナーにとっては困ったことですよね。

 

GoogleにはSearch Console(サーチコンソール。旧ウェブマスターツール。余談ですが業界の間ではサチコと呼ばれているとか 笑)というサービスがあり、サーチコンソールを利用ればGoogleの検索情報を見ることが出来るので、確認が難しくなったキーワード情報についても知ることが出来ます。

また、アクセス解析の場合はサイトに来たユーザーのことしか分かりませんが、Googleサーチコンソールでは、Googleの検索画面に表示された情報も見ることが出来るので、

「検索画面には表示されているのに、クリックしてくれる人が少ないんだなぁー。じゃあ、検索画面に表示させる文面を見直してみよう。」

というように、実際のホームページ運営にとても役立ちますので、サーチコンソールの利用を強くお勧めします。

 

では、Search Consoleの利用についてご案内します。
(新規にサイト作成をご依頼頂く方には、下記のサーチコンソールの登録までサポートしています)

  1. まずはGoogleのアカウントを用意します。私用で使っているものではなく、ビジネス用のアカウントを取得されることをお勧めします。
  2. Google Search Consoleにログイン。
    https://www.google.com/webmasters/tools/
  3. サイトのURLを入力して、「プロパティの追加(赤いボタン)」をクリック。
  4. サイトの所有権を確認するためのページに移るので、案内されている方法でサイトの所有権確認を行います。

 

サーチコンソールのホーム画面に入ると、登録したサイトの情報が表示されています。サイトのトップページが小さなサイズで表示されて、その横にURLが記載されているので、どちらかをクリックすると、ダッシュボードに移り検索情報などを見ることができます。

*Google Analyticsと紐付けすることで、検索キーワードの情報はアナリティクス画面でも確認出来ます。