ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

集客のコツ – その知識や技を待ってる人は誰?

2016-02-05

コラムやブログを書くのが難しい~!というご相談(愚痴?)を頂くことが多いです。

私もあるんですが、良い内容が浮かんだと思って書き始めても、批判してくる人がいるかもーとか、ちゃんと説得できなければならない、疑問をもたれてはいけないとか、色々気になることが出てきて筆が進まない・・・ということがあります。
読む人みんなを納得させるものを書こうとしてしまって止まってしまうんですね。

そして書いたとしても、なんだか話が広がり過ぎて焦点がぼやけて、結局は伝わらなかったり、無難な個人日記になってしまったり。

「誰に話したいのか?」
「自分の技や知識はどういう人に役に立つのか」
「自分はどんな人と仕事をしたいのか、お客さんになってもらいたいのか」

ターゲットを明確にしてみて下さい。
オーナーとしては、出来るだけ多くの人に来てもらいたい!と思うものですが、意識的にしろ無意識にしろ、そのへんが明確な人は繁盛している気がします。

例えば私の場合は、こうやってコラムを書いていますが、ホームページに対する考えは同業者でも違う人もいると思うんですね。
特に私の場合はホームページの学校には通わず、独学と実務経験からやってるので、学校を出た人とは違う点が幾つかあります。

学校を出た人にも突っ込まれないように、学校を出た人に退けをとらないようにという気持ちが働いていたら、集客出来てなかっただろうなーと思います。

私が独学と経験で身に付けたホームページの知識や技はどういう人に役立つだろう?と明確にしてホームページを作ったあたりからご依頼が増えてきたのを記憶しています。