ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

収益をもたらすホームページにするための秘訣

2016-10-16

資産というと何か大きなものを想像してしまいますが、Wikipediaには「将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のこと」という一文があります。

将来的に収益をもたらすことが期待される経済的価値。
そう、ホームページはまさに会社の資産となるんです!

そのことも念頭に置いて、ホームページの運営に当たりましょう。

資産と言うからには「あなたに収益をもたらすことが期待出来るもの」であらねばなりませんね。
そのために大切なことは、「読者に収益をもたらすことが期待出来るもの」であることなんです。

 

あなたに収益をもたらすためには、
まずは読者に収益をもたらすホームページにすること。

つまり、「読者の問題を解決できる存在」であることが大切なんですね。

  • 読者が抱えている不安や悩み
  • 読者が叶えたい願望、夢、目標
  • あなたのサービスが読者のその問題にとってどう役に立つのか
  • 読者の問題に対してあなたは何ができるのか

このような視点でホームページの内容を練ると、読者の助けになる存在となり、やがてあなたの資産へと育っていきます。

 

あるエステサロンのホームページを作らせていただいた時のお話です。
メニューの紹介で、どんな商材を使っているか、どんな手順でトリートメントを行うかということは丁寧に記載されていたんですが、反応がイマイチというご相談がありました。
メニューはいくつかあって、それぞれのメニューにオーナーさんの思いが込められた素敵な名前が付けられています。
良さそうな感じはします。

でも「私に合うメニューはどれか分からん!」状態だったんですね。

そこで各メニューにサブタイトルとして「○○でお悩みの方へ。△△がお肌の内部に浸透して、○○を云々…」というように、そのメニューがどんな人に合うのか、どんな悩みを解決するのかを少し目立つように追加してみました。
そうしたところ、問い合わせが大幅に増えたそうです。

ほんの小さなひと手間が大きな効果を生むことは少なくありません(^^)

 

最近はWordPressというブログのシステムを組み合わせたホームページ制作が主流となっていて、ホームページが完成した後はWordPressブログで情報発信をするスタイルが大半です。

ブログの記事も「読者の問題を解決する」という視点で書くようにしてみてください。そうやって書くブログは、毎日書いたとしたら1年で365ページの資産、週1回でも52ページの資産が形成されることになります。