ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

ライバルのホームページを参考にするならばー

2017-02-13

ホームページのデザインを考える時、お店のコンセプトやオーナーさんの好きなテイストから考えるか、ライバル店のサイトを参考にする(真似たい)方が多いのですが、ライバル店を参考にするなら、違う視点でデザインを膨らませることもできます。

ライバルになるサイトのテイストと差をつける

という視点です。

 

少し前に、男性向け商品紹介サイトのご相談を受けました。
男性向け商品ではあるんですが、最近女性向けにも力を入れているので、女性客を増やしたいというご相談。
確かにレディース◯◯という看板は街中で見かけることも増えてきました。

レディース◯◯で検索すると色んなお店がヒットします。

それらのサイトを見て気づいたのが、ダークトーンのサイトばかりということ。
それはそうです。
もともと男性向けのビジネスアイテムですから、ダークなトーンで堅いくらいの雰囲気に落ち着くんでしょう。『男性向けサイトの一角に女性向けアイテムを並べてみた』というのが共通点です。

 

さて、あなたがそのアイテムを検索している女性(男性かもしれないけど、女性になったつもりで!)だとして。

検索してヒットしたサイトのどこを開いてもダークトーンで似ています。
そんな中に1つ、穏やかな色合いの明るい雰囲気のサイトが出てきたら。
少し手を止めてみたくなりませんか?
そして、知りたいことがいっぱい載っていたら。
読んでみたくなりませんか?

 

ホームページを作る時に、ライバルになるサイトがどんなデザインにしているのか、どんなコンテンツを用意しているのかを研究するのは大切なことです。
多くの方は「うちもあそこみたいに、、」と『真似たい』という方向に気持ちが向かうんですが、違うテイストや、そこがやっていないことをやって『違いを出す』という方向で考えてみるのもおすすめです。