ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

サイトのホントのトップページ?descriptionも丁寧に。

2016-07-12

トップページのデザイン。
「どんなのがいいかなぁ?」と、ホームページのご依頼をくださる方にとって悩ましくも楽しい時だと思います。

そのトップページの前にプレ・トップページとでも言いましょうか、大事なページがあるのはご存知でしょうか?

どこかのサイトやブログのリンク、また最近ではSNS経由でサイトへアクセスされる場合もありますが、やはり1番多いのはGoogleやYahoo!等の検索エンジンからのアクセスですね。

検索キーワードを打ち込むと、キーワードに合うWEBサイトが並びます。
その並んだページがプレ・トップページと言えるんですね。

160712

どのサイトにアクセスするか、ユーザーはリストの中から選びます。
descriptionといって、そのリストに表示させる案内文も自分で考えて設定出来るんです。(上の画像の赤枠の中です)

descriptionを設定しない場合もロボットがページの中から適宜抽出してくれるので白紙になることはありませんが、簡潔に要点をまとめて設定するとユーザーの目に留まりやすくなります。
キャンペーン等を実施しているとしたら、そこに○日までキャンペーン中!と案内を書くこともできますよね

 

ホームページがお店の中だとすると、descriptionはお店の外観、のぼり、看板、食品サンプルの陳列ケースのような役割で、そのお店でどんなサービスを受けることが出来るのかを伝えてくれます。

文字数は最大で120文字程度にまとめるようにしましょう。それ以上多いと省略されてしまいます。
1ページの内容を100文字前後にコンパクトにまとめるというのは地味に骨の折れる作業ではありますが、こういう小さな積み重ねもポイントなんです

ワードプレス等ホームページ内に書くブログはこのdescriptionまで設定出来るので、日々の運営にひと手間加えてみてくださいね!
※設定が分からない方はお尋ねください。

 

【16.7.25追記】
あるキーワードで順位が下がったサイトのdescriptionを調整したら若干順位が回復しました。ただ順位下がった要因は上位サイトに比べてページ数が少ない、スマホ対応していない等他の要因が大きいと思われますので、課題は残っています。