ホームページ制作 大阪|ブルジョネ

menu

ホームページ運営、アクセス解析がなければ始まらない

2015-04-05

ホームページのご相談を受けた方にアクセス解析を見ているか尋ねたところ

「うちのサイトはまだ小さくてお客さんも少ないと思うから、もっと増えてからでいいかなと思って…」

とお返事が返ってきたことがあります。

当時はGoogleのアクセス解析(Google Analytics)も今ほど充実しておらず、有料のアクセス解析プログラムを設置していた頃なので、少しでもコストを抑えたいオーナーさんとしては致し方ないところがあるかもしれませんが、アクセス解析は「お客さんが増えてからのもの」ではなくて、

『お客さんを増やす』

ために使うツールなんだということを、よく覚えておいていただきたいなと思います。

サイトをオープンしてしばらく経つのにいまいち効果を感じられない場合、運営を工夫しないといけないわけですが、アクセスの状況が分からなければ、対策の立て方もわかりません。

  • アクセスはしっかりあるのに売上に結びついていない
  • ホームページを見に来てくれて、滞在時間も長くコンテンツも読んでくれてはいる様子
  • ホームページを見に来てくれてはいるが、滞在時間が短くあまり読んでもらえていない
  • アクセスが少ない
  • 検索エンジンで上位に表示はされているのに、ページに入って来てくれる人が少ない
  • そもそも検索エンジンでなかなかヒットしない

一口に「サイトの効果がない」と言っても上記のように原因は様々で、もちろん原因が違えば対策方法も変わってきます。検索エンジンでヒットしていないのであればSEOを考え直す必要がありますし、アクセスはあるが滞在時間が短いということならレイアウトやデザインの問題かもしれません。コンテンツは読まれている様子なのに売上に上がらないということなら、コンテンツを練り直したほうが良いのかもしれません。

自分のサイトがどんな状況にあるのか、どうすれば良いのか、それを教えてくれるのがアクセス解析です。
Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス